FarCry3 密林への帰還において、彼の生存本能に生じた衝動

子供の頃、高い木から落ちてる最中に
「あぁ、死ぬんだな」
と思い無事着地したことがあります。


グルーでっす。


今回はワニのデスローリングを体感出来るゲーム

FarCry3
ご紹介していきたいと思います。

いやーこれ楽しいねぇ!

ファークライ3 【CEROレーティング「Z」】

ファークライ3 【CEROレーティング「Z」】

f:id:grue0613:20160929021941j:plain
f:id:grue0613:20160929022001p:plain
f:id:grue0613:20160929022017p:plain

www.youtube.com



ちなみに記事のタイトルがグラビティデイズのパクリなのはこれと同時期にグラビティデイズもやっていたからです。

グラビティデイズもレビューしようかな…

ストーリー

ジェイソン「俺達リア充いいいやっほおおおおおっっふぉおおおおおおっきょおおおおおおおお!!!!!!んほおおおおおおおスカイダイビングんほおおおおおおおお!!!!おきょきょきょきょーーーー!!!!」

今からお前らのこと人質にして身代金貰ったあと、奴隷にして売り飛ばすから。

ジェイソン「(◞‸◟)」
グラント 「ここから逃げてみんなを助けよう!俺は死ぬ!」
ジェイソン「分かったよ!」



ゲームシステム

基本的に広大なジャングルを駆け回るオープンワールドゲームです。

オープンワールドは移動が面倒!ですがご安心を!

移動の煩わしさを消し飛ばす数々の乗り物がこちら!

・車
・バギー
ジェットスキー
・巡回船
・軽量ボート
・グライダー
ウィングスーツ
・パラシュート
etc
※公式サイトにヘリと書かれていますが、
 多分イベントでしか乗れないです。

色んな乗り物があなたの旅を快適にしてくれます!!

車で人を!ジェットスキーでサメを轢き殺そう!

しかし何より物語後半で得られるウィングスーツ。

これがあるとこのゲームは化けます
まさしくこの世界で鳥人間になったかのような錯覚に陥ります。

なんせ好きな位置から滑空できる
バンジョーとカズーイの大冒険2でカズーイが最後に覚えるアクション並みに楽しいんですから!

入手したあと何回でも使えるって気づいたのは大分後半でした。


まぁ結局移動はファストトラベル
メインになるんですけどね。

指定されている位置に一瞬で移動できるあれです。fallout3とほぼ一緒です。


そのファストトラベルに関してなんですが、
ファストトラベル出来る場所を増やすには

敵の拠点を制圧しなければならんのです。

ここがこのゲームの楽しみの半分を占めます。

…楽しみではないか。
「やる事」と言ったほうが正しいか?

まぁ楽しいことも事実。

オープンワールドゲームと言えば自由

この2文字は切っても切れない何かの縁で繋がっています!悪く言えば呪いです!

敵の拠点を叩く時、

「突撃」か?

「暗殺」か?

「ヤケクソ」か?

そう、戦闘スタイルも自由に選ぶことが出来ます!


大体隠密行動を強いられます。

敵に見つかれば援軍が呼ばれて不利になって、多勢に無勢であっという間に御陀仏。

だからまずは遠くから観察して、どういう風に攻めるかを考えて、少しずつ敵の数を減らしていく。

そして途中で見つかり、残りを殲滅。
ホント上手くいかないもんだよ?

何より…

見つからなかったご褒美の経験値3倍増し。魅力すぎない?

いや、確かに見つからずに敵拠点を制圧出来たら大したもんですよ。
ジャパニーズニンジャですよ。


でもさ、

頑張って突撃した人にご褒美無しっていうのは…

って思っちゃう。

まぁ敵を倒しても経験値は微量に貰えますし、
なんだったら倒した敵からお金も奪えるしその分で帳消しになるって?
雀の涙ですよ。割に合わない。



突撃ボーナス!経験値2倍!

みたいなの…今後増えないかなぁ…増えないだろうなぁ…



次に楽しいポイントは狩りです!

このゲームの舞台は南の島でもあり、「密林」でもあります。ジャングル。

ジャングルと言えばやはり、獰猛な動物たちがウロウロしています。

動物の例を上げると
・イノシシ・ブタ・バッファロー・トラ
・ヒョウ・クマ・わんわんお・サメ・コモドオオトカゲ
・ヤギ・カメ・ワニ・ヒクイドリ・バク・ヘビ・サル・etc
です。

これらの動物、
全部狩れます

トラ対人間、熊対人間、サメ対人間、
どこぞの番組が世界の果てまで行って撮影してきそうなことが出来ちゃいますよ。

まぁこっちは銃火器持ってるし余裕だろ!と舐めてるあなた?

そうだよ、正解だよ。

だけど水生生物だけは注意してね。水中じゃ武器は使えませんから。


特にワニにね…


狩ったその動物から皮を剝ぎ取って装備を作ることが出来ます。

その装備というのが、
武器の所持数、持てるお金や弾薬の数を増やせるようにする財布やポーチです。

残念ながらMGS3のワニキャップやもののけ姫であった猪の皮を被るみたいなことは出来ません。
f:id:grue0613:20161003235952p:plain
でもこういうの出来たら楽しかったかも

しかし…

この装備、案外すぐに全部作れちゃいます。
「この動物はどこだー!
皮剥き剥きして装備作るぞー!」

と意気込んで一回狩りに集中すると、
もう作れるものないやん…
ってなる。

余った皮はどうする?
売るしかありません。

もっと色々装備作りたかったですね。
最後はレアな動物の皮じゃないと作れないぜ!とは言われるけど
ミッションという形で確定エンカウントだし。ただ武器は縛られるから面倒かもね。

この動物たちは皮を剝ぎ取られるためにしか存在しないの?と聞かれれば「まぁそうだね〜」と言いたくなる気持ちをぐっとこらえてそんなことはありません!

この動物たち、上記してある敵の拠点に捕らえられていることがあります。

そのときに牢屋を壊してあげると、
今までの鬱憤を晴らすかの如く
敵に襲いかかります!


ついでに、


私にも!

敵の拠点制圧の際に撹乱させることに使えますが、使い方を間違えれば一瞬で窮地に陥る危険もあります。
そこも楽しみの一つだね。


あとは島を観光したり、
捜索するのも楽しいです。

何分オープンワールドですから。
この広大に作り込まれた世界を隅から隅まで見て回って、回収物を探すのも楽しいと思います。

古びた遺跡を探索するのが好きだ!とか
自分社畜なんで南国に旅行行く時間なんてないっす!みたいな人にオススメ。

FPSなんて言わば仮想空間的アウトドア。
もうすぐVRの時代が来るんでしょう?

時間のない社畜にとって手軽に旅行した気分になれる優れものですよ。
…まぁその辺は企業の皆様にお任せします。


このゲームを買ったら一度やってほしいことがあります。
川下りです。

ジェットスキーに乗って上流から一気に下流へシュワーーーーッと飛んでみると
最ッ高に気持ちいいです。

カヤックやってる人の気持ちが分かる…かもしれません。



さてここまで楽しいポイントをご紹介しましたが、次はちょっと悪かった点をご紹介。


暗さ
このゲームは昼と夜の表現もしっかりしてます。
夜になって奴らの動きが活発に…みたいなことはないんですけど。

夜は本当に暗い

一応月明かりあるので暗黒世界というわけじゃないんですけど…

夜ジャングル行くともう見づらくてしゃーない。
リアリティがあるという点で考えれば納得出来ますけど…

たまーに遺跡なんか行くとね。



カチッ



ライト持ってんのかよ!!!

めっちゃ暗いライトつけてくれ〜って場所でライト使わないで変なところでライトを使う。

そこライト使うならここも使ってくれよっていう…
なんというか、
痒いところに手が届かないって感じです。

このゲームのメインストーリーで
彼女と火事になってる家から脱出するっていうのがあるんですけど、暗いし道分からんしで何回も死にます。

他にもイベントに重要なアイテムを探すために洞窟みたいな場所に行くんすけどいやー何も見えない。

暗いステージの時、昼間はまともにプレイできませんよ。
何で昼間っからゲームしてんだよみたいなツッコミは無しね。

出来ることならライトを任意でつけられるようにして欲しかったな…


回復

敵の攻撃を受けた!でもFPSはしばらく待てば治るヤバイ体してるやつばっかだからツバつけときゃ治る!

それでも敵の猛攻を受けて死にそうになったときは緊急回復用のお注射
シリンジ」を使います。

このシリンジは回復だけじゃなくて一定時間攻撃力を上げたり野生動物を見つけやすくしたり、
色々な効能があるものも作ることがあるんですが、ぶっちゃけ回復以外そんな使わない。


で、そのシリンジの使い方が…


回復→△長押し

それ以外十字キーにそれぞれ割り振り可、一回押し



これは正直「どこが悪いとこ?」と言う方の方が圧倒的に多いんですけど、

やってみれば分かります。

敵と戦闘が始まって攻撃を受ける

△を長押ししても時々反応しないことがある

回復出来ずにあぼーん


という感じで、長押しなのがちょ~っと細かいネックな点。

グッ!グッ!って押してるのに反応しなくて「えぇ!?今絶対押したって!!」

っていうのが何度かあった。

回復系のシリンジだけ何故別途なのか。

回復系、戦闘系、捜索系シリンジでそれぞれ十字キーで選択できたら…
というより1回押しだったらよかった。

回復なんか使う必要がなくなるくらいゲームが上手ければいいんですけどね。



ぐらいですかね?

乗り物が妙に滑ったりするけど、そこはゲームによりけりだから仕方ないかなーぐらい。

敵の拠点全部制圧したら敵が全然出なくなって寂しいけど、
それは町に平和が戻った、クリアしたってことでいいし。


あとこのゲーム、COOPという協力プレイモードがあるんですが、
正直つまらないです。

本編とは別のオリジナルストーリーがあるようですが、
上記に書いたこのゲームならではの楽しみは一切無く、単調な一本道FPSです。

2人で南国を走り回る…なんというか「カービィのエアライド」のシティトライアルみたいな楽しみ方が欲しかった。いや、あるべきだった
そうすればこのゲームはもっと化けたと思うんだけどなぁ…


まとめ

・南国密林オープンワールド狩りゲー

・敵拠点を全部制圧するまでが楽しい

・良くも悪くもリアリティがありすぎる

・やっぱりdubstepSkrillexか!

・海外版はシトラの乳首あり


後々調べたらこのゲーム、
「ファースト・パーソン・アドベンチャー」だそうで。

今の時代、自分視点での没入感が大切なんだなぁと、なんとなく痛感。
このゲーム3年前のものだけどさ。




最近更新頻度が壊滅的に遅い…
もう少し更新ペースあげなきゃなぁ。